個別相談とは

はじめて利用する方へ

対象となる文章

日本語

授業の課題、レポート、留学やコースの志望理由書、大学院進学に関する書類、公務員試験・教員採用試験の論作文、サークル関連の文書、手紙、インターンシップや就職活動のエントリーシート(就職関連は学生生活課がメインの窓口ですが、ライティングセンターでも見ています)など

英語

英語論文、留学関係書類、手紙など(相談は原則英語で行います)

Compositionなど、英作文が目的の授業の課題は見ることができません。

対象となる文章

どの段階でも大丈夫

文章作成のどの段階でも利用できます。
たとえば、まだ1行も書いていなくても大丈夫。専属の教員と話すことで、少しずつ構想が見えてくるでしょう。
下書きの段階や推敲の段階でもセンターを活用してください。第三者の目を借りながら、自分の文章を客観的に見ることができます。
ただ、締め切りギリギリに文章を持ち込まれると、細かく見ることができません。締め切りまで余裕をもって予約してください。

どの段階でも大丈夫

相談したい文章は、あらかじめ2部コピー

1部は本人用、1部は教員用に、コピーしてきてください。
もちろん、構想段階でまだ何も書いていない場合は必要ありません。

1回の相談時間は45分

どのような点に困っているのか、どこを優先的に考えたいのか、問題点やゴールをあらかじめ整理してくると、時間を有効に使えます。

書き手はあくまでも相談者本人

センターは読み手を提供しますが、答えを出したり、代わりに書いてあげたりすることはいたしません。また、評価を下したり、叱ったりすることもありません。
どうぞ安心して相談し、セッション中も自由に質問したり、メモをとったりしてください。

ページトップへ

津田塾大学 ライティングセンター
〒187-8577
東京都小平市津田町2-1-1
TEL/FAX:042-342-5129
受付時間:9:00〜16:30
      (月曜日〜金曜日)

こちらからお問い合わせ用の電話番号、E-mailアドレスを取得できます。

津田塾ライティングセンターリーフレットPDF

〈考え、表現し、発信する力〉を培うライティング/キャリア支援 - 大学間連携共同教育推進事業 関西大学×津田塾大学